EFOを利用するべき部分

efoはエントリーフォームを最適化するためには欠かせない政策であると言えますが、こうしたEFOは主に、このような方が利用する傾向が多いようです。

まずは、商品購入の際などに、個人情報を入力してもらう時などです。クレジットカードの申し込みの時などもこちらに入りますが、入力する部分があまりにも多いと、面倒くさくなってしまい、商品を購入すること自体を辞めてしまうというお客様は少なくありません。実際のお店で買った方が楽と、ネットショッピングを諦めてしまうという方も多いのです。たかが入力フォームだけでせっかくの顧客を逃してしまってはそれこそもったいないですので、こうした方は頻繁に政策を利用していると言えるでしょう。

次に、アンケートに記入をしてもらう時などです。ある一定人数にアンケートを記入してもらいという場合も、ネット上で面倒くさくなってしまうと、すぐにブラウザバックしてしまう方が多いため、多くのアンケートを集計するためにも、ブラウザバックを阻止することが出来るアンケートフォームを作成することが大切になると言えます。

このように、入力フォームが非常に重要となる企業、サイトでは、EFOが積極的に取り入れられていると言えるでしょう。